20代OLが読書感想を書き留めるブログ

本のあらすじ、感想を書き留めるブログ

恩田陸『訪問者』

山中にひっそりとたたずむ古い洋館―。三年前、近くの湖で不審死を遂げた実業家朝霞千沙子が建てたその館に、朝霞家の一族が集まっていた。千沙子に育てられた映画監督峠昌彦が急死したためであった。晩餐の席で昌彦の遺言が公開される。「父親が名乗り出たら、著作権継承者とする」孤児だったはずの昌彦の実父がこの中にいる?一同に疑惑が芽生える中、闇を切り裂く悲鳴が!冬雷の鳴る屋外で見知らぬ男の死体が発見される。数日前、館には「訪問者に気を付けろ」という不気味な警告文が届いていた…。果たして「訪問者」とは誰か?千沙子と昌彦の死の謎とは?そして、長く不安な一夜が始まるが、その時、来客を告げるベルが鳴った―。嵐に閉ざされた山荘を舞台に、至高のストーリー・テラーが贈る傑作ミステリー。

恩田陸の書くミステリのなかでも比較的ベーシックなクローズド・サークルもの。Amazonレビューの評価はいまいちだけど、個人的には読みやすかったですし、謎として挙げられていたものもすべて解決できていたのではないでしょうか。

 

あと読んでて思い出したのが『木曜組曲』の空気感で、あくまで一冊の作品としてコンパクトに収まっている上品なミステリが好きな方にオススメします。

逆にコテコテの恩田陸の世界(『三月は紅の淵を』とか『六番目の小夜子』とか)が好きな方には物足りないかもしれない。

 

探偵役の小野寺が魅力的な子で、この作品にしか出てこないのが残念です。

『月の裏側』の多聞さんみたいにシリーズ化してほしい。

 

 

訪問者 (祥伝社文庫)

訪問者 (祥伝社文庫)