20代OLが読書感想を書き留めるブログ

本のあらすじ、感想を書き留めるブログ

恩田陸『タマゴマジック』

空から謎の卵が降り、赤い犬が宙に浮かぶ―。東北の中心・S市で起きた奇怪な出来事。 宇宙人襲来か、はたまた都市伝説か?恩田ワールドが東北で炸裂する。 仙台出身の著者が放つミステリー集 震災後の都市の苦悩を描く書き下ろし『魔術師2016』も収録。

 

関根家のシリーズ最新作、というだけで、恩田陸ファンからすればはずせない一冊だと思います。

 

元判事の関根多佳雄と、長男で現職判事の関根春が、S市(おそらく仙台市)で起きた謎を解き明かすミステリーですが、冒頭の「魔術師一九九九」から、間に「ブリキの卵」、「この世は少し不思議」を挟み、「魔術師二〇一六」で締めるという不思議な構成になっています。そもそも、それぞれの作品はまったく別の媒体に連載されていたのに、内容がシンクロしていると感じてまとめることにした、という経緯が冒険的ですごいです。

 

都市伝説というのは昔からあって、口裂け女だったり、「ファーストフードは猫の肉からできている」という噂だったり、内容は様々だけれど、どれも根本に存在するのは人間の不安な気持ちです。

S市に広まった数々の噂や都市伝説も、根本的には2011年に起きた震災が関係すると、この本は投げかけてきます。

あのとき、私達はとても非現実的で嘘見たいな事象に立ち会いました。けれど、残念なことに起きたことはすべて現実です。

そうすると、「ブリキの卵」というファンタジー的な小説に、あえて「この世は少し不思議」というエッセイを間に挟んだのもなんだか頷けるような気がするのです。

 

 

タマゴマジック

タマゴマジック