20代OLが読書感想を書き留めるブログ

本のあらすじ、感想を書き留めるブログ

雑記:読書垢をこじらせた話①

はじめに

私がTwitterで読書感想をつぶやくアカウント、通称「読書垢」をやり始めて1年と3カ月が過ぎようとしています。
Twitter上には同じようなアカウントを持っている人達がたくさんいて、フォローしたりされたりしながらごく少数ですがやりとりもさせていただき始めてよかったなと思いますし、これからも細々と続けていくつもりです。
ただ、もちろん人間同士のやりとりなので常にご機嫌というわけにはいかず、時にはモヤっとした気持ちを抱くこともあり「これはどういうことだろう」「この人はなぜこんな呟きをしちゃうんだろう」と悩むこともしょっちゅうでした。
この文章は、こじらせすぎた自分の気持ちを一度整理したくて書いたものです。

 

読書垢を始めた理由(本の話を聞いてくれる人がいない。)

活字離れという言葉があるくらいだから、本を読む人が少数派ということは周知の通りだと思います。例えば40人の教室の中で、図書室の本を毎日のように借りて読む子がいたとしても、クラスに1人か2人が妥当ではないでしょうか。

私の周囲(主に仕事場の人達)にも、読書を趣味としている人はあまりいませんし、なんとなくですが、例え好きでも言ってはいけない雰囲気を感じるのです。
恩田陸の『三月は深き紅の淵を』という小説の中に、とても共感できる文章があります。主人公は本好きであるがゆえに会社の会長の家に招待され、ある謎解きの依頼を受けるのですが、そこに集まった人達がみんな個性的な本読みなんです。

 

「だいたいですね、僕はここでこうして本の話してますけど、今の若者世代じゃ本の話なんてタブーに近いですよ。読んでても、恥ずかしくて、読書してますなんて言えない。『お前試験勉強してるか?』『全然だよ』っていうのと同じです」(p.95、96)

 

「日本の社会自体、本読む人間には冷たいんですよ。本読むのって孤独な行為だし、時間もかかるでしょ。日本の社会は忙しいし、つきあいもあるし、まともに仕事してるサラリーマンがゆっくり本読む時間なんてほとんどないじゃないですか。本なんて読ませたくないんだな、って気がする。』(p.96)

 

まさにこんな感じ。私が日常生活のなかで本の話をすることはほとんどありません。
ただ、同じように本が好きな人と友達になったり感想を伝えあったりしたいという思いはずっとあったので、読書垢はちょうどいいツールだと思いアカウントを作ることにしました。

 

アカウントを始めて驚いたこと①みんなブックオフで本買うことを隠さないね。

年齢を暴露すると私は今アラサーです。読書垢のメインの年齢層は中学生から20代前半なので、必然的に自分より年下の人達のツイートを眺めることになります。

若い子達のキラキラしたツイート(主に学校生活や自撮り写真.)には眩しすぎて慄くこともありますが、普段関わりのない年齢層の生活をのぞくのは楽しいです。
ただちょっと、ツイートを読んでモヤモヤすることもありました。それは「ブックオフで〜を買った」「図書館で〜を借りて読んだ」という言い回しのツイートがとても多いということ。
間違えないで欲しいのは、ブックオフで本を買うこと、図書館で本を借りることを非難したいわけではありません。本を新品で買うべきかについては私も思うところがありますが、とても根が深い問題だと思いますし、今の私には手におえないので今回は割愛します。ここで言いたいのは、「どこで入手したかをわざわざTwitterで発信する必要なくないか?」ということです。
今、全世界の人がTwitterをやっています。私の友達、同僚もやってますし、芸能人や企業、そして小説家の人もアカウントを持っている。
私はよく読んだ本の感想をツイートしますが、基本的には出版社や本の題名も明記するので、ごくたまに関係者(出版社アカウント、作者本人)にリツイートされます。彼らが定期的にエゴサーチしていることは想像に難くありません。
もし彼らが「ブックオフ〜」のツイートを見てしまったら…ということを考えると、いつもハラハラします。私が小説家なら、心身削って書いた作品の反響を知りたくて検索したのに安く手に入れて喜んでいる読者がいたら複雑な気持ちになるから。読んでくれてありがたいしとても嬉しい。でも、入手経路は知りたくなかったと思うだろうから。

 

でもね、「ブックオフ〜」のツイートをしてしまう気持ちも理解できるんです。

本は高い。定価だと文庫本でも500円以上とか普通にするし、海外文学のハードカバーなら2000円、3000円が当たり前で、なんならそのお金で一回飲みに行けちゃいます。

さらに言うと服や化粧品と違って、基本的に新刊書店はセールを行いません。

 例えば、本を年に100冊読む人がいるとする。好きな作家は売れっ子で、新刊もコンスタントに出す人だけれど、バイト代やお小遣いではどうしてもハードカバーに手を出せない。しょうがないから近所の図書館で予約したら50人待ちで、1年以上待たないといけない。貸し出しを待つ間、他の本を読みたいけどやはりお金がない。そんな時に何気なく入ったブックオフで、大好きな作家の未読の小説が108円で売られていた。しかも10冊も!

そんなシチュエーションなら、私もツイートしてしまうかもしれません…。

 

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)

 

 続きはまた今度書きます…。