ゆるく読書感想を書き留めるブログ

本のあらすじ、感想を書き留めるブログ

米澤穂信『春期限定いちごタルト事件』

小市民を目指す小鳩君と小山内さんのコミカル探偵物語

小鳩くんと小佐内さんは、恋愛関係にも依存関係にもないが互恵関係にある高校1年生。きょうも2人は手に手を取って清く慎ましい小市民を目指す。それなのに2人の前には頻繁に奇妙な謎が現れる。消えたポシェット、意図不明の2枚の絵、おいしいココアの謎、テスト中に割れたガラス瓶。名探偵面をして目立ちたくないというのに、気がつけば謎を解く必要に迫られてしまう小鳩くんは果たして小市民の星を掴み取ることができるのか? 新鋭が放つライトな探偵物語。(Amazonより)

 

米澤穂信さんは「青春小説の書き手」として評価されている方で、本書は複数あるシリーズの中の一つになります。シリーズもので『夏期限定トロピカルパフェ事件』『秋期限定栗きんとん事件』と続くのですが、題名だけでときめいてしまうのは私だけでしょうか。

 

本格というよりも、日常に潜む謎や事件を論理的に解決するライトミステリですいすい読めましたし、主人公二人の過去は、まだ明らかにされていない部分もあるので、続きがとても気になりました。

 

強いて難を言うなら、主人公二人が主張する「小市民を目指す」という考え方が、少し恥ずかしいし中二病ぽいところ。けどまあ、それもご愛嬌というか、現役中高生のときに呼んでいたらどハマりしてただろうな。

 

 

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)