ゆるく読書感想を書き留めるブログ

本のあらすじ、感想を書き留めるブログ

川口俊和『コーヒーが冷めないうちに』

【あらすじ】 過去へ戻れる喫茶店フニクリフニクラに訪れた4人の女性達。

喧嘩別れした恋人、記憶を失ってしまった夫、命を落とした肉親、そしてまだ見ぬ新しい家族…。

時を越えて話をすることで、やっと気づくことがある。通じ合う思いがある。

「4回泣ける」と評判の本屋大賞ノミネート作。

 

正直なところ文章がひどすぎて、集中して読めませんでした。そういう意味で4回泣いた。

 

トーリーも陳腐で「人が死ぬ」「アルツハイマー」「望まぬ妊娠」の話は、ベタすぎて普通の新人賞なら第一選考で落ちるんじゃないでしょうか…。

 

もう1回読もうとは思いませんでした。

 

 

コーヒーが冷めないうちに

コーヒーが冷めないうちに