読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるく読書感想を書き留めるブログ

本のあらすじ、感想を書き留めるブログ

村上春樹『騎士団長殺し』

【あらすじ】

妻に別れを告げられ居場所を失った肖像画家の「私」は、かつて名画家が住んでいた家に暮らすことになる。そこには「騎士団長殺し」という絵が隠されていて…。


魅力的な登場人物と、謎が謎を呼ぶストーリー展開にどっぷり浸ることができて幸せな1か月でした。

 

色んな視点、色んな解釈で語る余地のある作品。気になるところをいくつかあげてみます。

 

①主人公のもとに集う女性達について

主人公、これでもかというくらいもててました。妻と別れた後に二人の女性と不倫するし、

謎の少女、秋川まりえも主人公にだけ心を許すし、読んでるこっちが腹たってくるくらい。

典型的な村上春樹的主人公ですね。

 

②創作の考え方

肖像画家という設定上、主人公は物語の過程で絵を描いていくのですが、村上春樹の作品作りの考え方に重なるところがあるのかな、と思いました。その点は、ファンにとって読みごたえのある作品だと思います。

 

③謎の回収について

最後まで解決していない事柄がいくつかありました。例えば秋川まりえの父親が盲信している宗教団体や、「顔のない男」の絵を描くという約束について。

書評をいくつか読みましたが、そういった謎が残っている以上、みなさん続編を示唆されていました。

 

結局、この小説の良いところは突っ込みどころがありすぎるところで、村上春樹が好きな人も嫌いな人も、読書会を開いて「私」の悪口に花を咲かせれば良いと思うよ。

 

 

 

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

 
騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編