読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるく読書感想を書き留めるブログ

本のあらすじ、感想を書き留めるブログ

川口俊和『コーヒーが冷めないうちに』

【あらすじ】 過去へ戻れる喫茶店フニクリフニクラに訪れた4人の女性達。

喧嘩別れした恋人、記憶を失ってしまった夫、命を落とした肉親、そしてまだ見ぬ新しい家族…。

時を越えて話をすることで、やっと気づくことがある。通じ合う思いがある。

「4回泣ける」と評判の本屋大賞ノミネート作。

 

正直なところ文章がひどすぎて、集中して読めませんでした。そういう意味で4回泣いた。

 

トーリーも陳腐で「人が死ぬ」「アルツハイマー」「望まぬ妊娠」の話は、ベタすぎて普通の新人賞なら第一選考で落ちるんじゃないでしょうか…。

 

もう1回読もうとは思いませんでした。

 

 

コーヒーが冷めないうちに

コーヒーが冷めないうちに

 

 

 

 

 

 

かんべみのり『入社1年目からのロジカルシンキングの基本』

【内容】

本書の主人公は、「ヤングかんべちゃん」。

20代をフリーター、海外放浪をしながら過ごし、キャリアのことはあまりちゃんと考えていませんでしたが、28歳のときに初めてあるイベント運営会社の正社員として採用されます。

最初の仕事はニッポン元気エキスポというイベントの企画運営。

キックオフミーティング、企画書作成、課題策定からの解決策立案、報・連・相…。仕事を進める上で立ちはだかる問題をバリバリキャリアウーマンの水谷さんと解決していきます。

 

この本のポイントは、作者の伝えたいことがすべて「ヤングかんべちゃん」が進めているイベント運営準備に置き換えられていること。

フレームワークやマトリクスの考え方など、言葉だけではとっつきにくいですが、具体的な使用例が描かれているのでイメージが湧きやすく、とても分かりやすいと思いました。

 

すべてを鵜呑みにする必要はないですが、キャリアや仕事のポイントを考えるきっかけのひとつとして、レベルアップしたい社会人の方にオススメです。

   

 

 

 

 

 

伊藤朱里『稽古とプラリネ』

【あらすじ】29歳フリーライターの主人公は、雑誌のコラム連載のために女性の習い事を取材することに。
10年付き合っていた彼氏との別れ、親友へ感じてしまう劣等感、過去の苦い出来事との折り合いのつけ方…。主人公と同年代の読者に向けた「女子のリアル」の物語。

 

伊藤朱里さん、初めてでしたが、とにかく共感しっぱなしで楽しく読めました。

思い出したのが柚木麻子さんの『本屋さんのダイアナ』、『ナイルパーチの女子会』で、この辺が好きな方にはとてもオススメです。

 

気になったのは、女は年をとると若い世代を憎み、お局化するという考え方で、どうしても悪く描かれていたこと。

「女性には賞味期限があるから」というセリフが出てくるけど、結局救いがないじゃんと思ったし、もう少し掘り下げて欲しかったです。

 

 

 

稽古とプラリネ (単行本)

稽古とプラリネ (単行本)

 

 

 

村上春樹『騎士団長殺し』

【あらすじ】

妻に別れを告げられ居場所を失った肖像画家の「私」は、かつて名画家が住んでいた家に暮らすことになる。そこには「騎士団長殺し」という絵が隠されていて…。


魅力的な登場人物と、謎が謎を呼ぶストーリー展開にどっぷり浸ることができて幸せな1か月でした。

 

色んな視点、色んな解釈で語る余地のある作品。気になるところをいくつかあげてみます。

 

①主人公のもとに集う女性達について

主人公、これでもかというくらいもててました。妻と別れた後に二人の女性と不倫するし、

謎の少女、秋川まりえも主人公にだけ心を許すし、読んでるこっちが腹たってくるくらい。

典型的な村上春樹的主人公ですね。

 

②創作の考え方

肖像画家という設定上、主人公は物語の過程で絵を描いていくのですが、村上春樹の作品作りの考え方に重なるところがあるのかな、と思いました。その点は、ファンにとって読みごたえのある作品だと思います。

 

③謎の回収について

最後まで解決していない事柄がいくつかありました。例えば秋川まりえの父親が盲信している宗教団体や、「顔のない男」の絵を描くという約束について。

書評をいくつか読みましたが、そういった謎が残っている以上、みなさん続編を示唆されていました。

 

結局、この小説の良いところは突っ込みどころがありすぎるところで、村上春樹が好きな人も嫌いな人も、読書会を開いて「私」の悪口に花を咲かせれば良いと思うよ。

 

 

 

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

 
騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

 

 

 

 

 

 

オカヤイヅミ『おあとがよろしいようで』

「死ぬ前に食べたいものは何ですか?」という問いは、飲み会なんかでは割と定番の質問かもしれません。

例えば私の場合は梅干し入りのおにぎりとお味噌汁で、食べた後、眠りに落ちるように死ねたら幸せだなあとぼんやり考えていますが、そもそもこの本の作者、オカヤイヅミさんの場合、「死ぬの怖くなくなるものを食べたい」と言ってしまうほど、死の恐怖がベースにあるのでした。

本書は死恐怖症の作者が、15人の作家たちに「死ぬ前に食べたいものは何か」という問の答えを聞いてまわるコミックエッセイです。

彗星が落ちてくると仮定して、食欲がなくなることを見越した胃に優しいメニューを選択する人、純粋に自分の好物を食べる人、あえて食べたことのないものにチャレンジする人…。

皆さん回答が千差万別で、話は自分の死のシチュエーションにまで及びます。

死ぬ直前まで小説を書き続けるかという問いも、当たり前のように書くという人もいれば、「書かなくなったらフェードアウトしたい」と言ってる人もいて、思わず笑ってしまいました。

食べるのが好きということは、生きるのが好きということ。死ぬ前に食べたいものを考えるということは、生き続けたいと願うことなのかもしれません。

 

 

 

おあとがよろしいようで

おあとがよろしいようで